アフィリエイトをやるより、バイトやった方が良い?違いを解説します

「副業でアフィリエイトをやっているけれど、思うように稼げない」と思っている方も多いのではないでしょうか?
「アフィリエイトなんかやるより、むしろバイトをやったほうが稼げる」と。
確かに、何時間もかけて書いた記事が10pvしかされなくて、1円の収益にもならなかったとしたら、それはもう「バイトしたほうがマシじゃん」と思う気持ちはわかります。

今回は、バイトとアフィリエイトの違いを解説します。

皆さんは、資格の勉強をした事はあるでしょうか?
資格を勉強している時間って、当たり前ですけどお金は貰えないですよね。
会社によっては資格取得の補助をしてくれる所もあるとは思いますが。
では、「バイトをしたほうがマシ」なのでしょうか?
それは違いますよね。なぜなら、「将来的に、より稼げるようになる可能性を秘めているから」です。

アフィリエイトもこれと同じで、「将来的に稼げる可能性を秘めている」のです。
だからこそ、仮に今時給10円くらいであったとしても、いつか時給1万になる可能性があるということを、決して忘れてはいけません。

バイトは、短い目で見れば、たしかに稼げます。ですが、一年、二年、あるいはそれ以上の期間でみたときに、本当にバイトの方が良いのでしょうか?
それは先に書いた「後で稼げるようになるから」という話だけではありません。
バイトで身につくスキルと、アフィリエイトで身につくスキルのどちらの方が優位でしょうか?

まず、アフィリエイトでは「文章力」や「営業力」が飛躍的に高まります。
また、物事をこなしていく上での「継続力」や
SEOを上げる方法、成約数を上げる方法などを考える「思考力」も上がります。
百歩譲って、アフィリエイトで上手くいかなかったとしても、残るものがたくさんあります。

ですが、アルバイトでは何か残るでしょうか?
もちろん、アルバイトでもある程度のスキルは身につくとは思いますが、アフィリエイトで身につくスキルと比較したときに、アフィリエイトの方が遥かに良いスキルが身につくと思います。

アフィリエイトをやる上で大切なのは「長期視点」です。
目先の結果、目先の数字に囚われてはいけません。
その数字が、いつの日か、何百倍、何千倍になると信じて、記事を書き続け、改善を続けていくしか無いのです。
今稼いでいる人達も、ほとんどの人はそうやって上がってきた人達です。

今回は、アフィリエイトとバイトの違いと、アフィリエイトの性質について解説しました。
特に副業でやっている方は大変だとは思いますが、未来を見据えて頑張ってみてください。
この記事が参考になれば幸いです。。