動画の再生数を上げるために重要なことは

自宅で手軽にできる副業にも最適と、注目を集めているのが動画制作です。制作した動画をアップし、再生数を稼ぐことができれば、広告収入を得られるようになっていくでしょう。

そんな動画ビジネスのメリットは、アップさえしておけば、その後は再生数に応じた広告収入が入ってくることです。この広告収入は、アップした直後だけ得られるものではありません。再生され続ければ、その後も広告収入が入り続けるだけでなく、アップをした動画がバズれば、過去動画の再生数も増え、さらに効率的に稼げるようになります。

ただ、動画制作を始める人は多いだけでなく、芸能人が動画の世界に参入することも増えてきています。そんな中で、収益を得られるほどの再生数を稼ぎ出すというのは、並大抵のことではないと考える人もいるでしょう。しかし、何気なくアップをした動画が思わぬバズり方をするというのは、珍しくないことです。

そんなバズりを生み出すために重要なことは、思わず再生したくなるタイトルをつけること、そして目を引くサムネイルを制作することです。どれだけ内容が素晴らしくても、演出に凝っていても、興味を持って貰うことができなければ、再生さえして貰うことができません。
それに対し、内容はありきたりであっても、思わず見たくなるようなタイトルがついた動画、さらに多くのサムネイルの中でも目立つような動画であれば、再生して貰える可能性が高くなります。視聴して貰える機会が増え、有名な人にSNSなどで拡散して貰えるようなチャンスが訪れれば、思わぬ再生数を稼ぎ出すことは少なくありません。そのためには、まず視聴して貰うための仕掛けづくりに力を入れておくと良いでしょう。

ただ、注意をしておかなければいけないことが、タイトルやサムネイルと、内容のギャップをつけすぎないことです。とても過激で思わず再生したくなるタイトルやサムネイルなのに、中身が全くない、タイトルやサムネイルと全く関係ない動画になってるという場合は、再生率を稼げても自身の評判を下げてしまうことになります。そして、タイトル詐欺やサムネ詐欺をする人というイメージがつけば、どれだけタイトルやサムネイルに凝っても敬遠されてしまう状態になる可能性があります。
それだけに、再生数を伸ばしたい場合でも、タイトル詐欺やサムネ詐欺と言われる状態は避けておくと良いでしょう。大げさなタイトルをつけたい時は、そのタイトルに見合う動画を制作した上でアップすることがおすすめです。